船橋はるかぜクリニック

〒273-0005 千葉県船橋市本町1丁目9ー11 ドーイチビル2F
JR船橋駅より徒歩5分/京成船橋駅より徒歩3分

初診についてはトップページ「お知らせ」をご参照ください

受 付 時 間
9:30~13:00 × 10:00~13:00

14:30~19:30
火曜は19:00まで

× 14:00~18:00

※ 診療時間外、休憩時間のお電話の対応はしておりません

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気?

 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。一時的であっても血中酸素が不足するため、様々な合併症を引き起こす可能性があります。また、良質な睡眠がとれていないため、事故のリスクが高まります。

睡眠時無呼吸の可能性があるかチェックしてみましょう!

ESS(Epworth Sleepiness Scale) 

 ESSは諸外国で翻訳され、眠気の共通尺度として使用されています。24満点のうち、11点を超えると「眠気が強い」と判断します。強い眠気がある場合、睡眠時無呼吸の可能性があります。

 また、日中の眠気以外にも睡眠時無呼吸の症状があります。思い当たる症状があるかチェックしてみましょう。

  • 大きないびき、または繰り返しのいびきを指摘されたことがある
  • 寝ている時に呼吸が止まっている、と指摘されたことがある
  • 息苦しくて目が覚める時がある
  • 血圧が高い
  • 太っている、もしくはあ1年以内に体重が3kg以上増えた
  • 夜中に何度もトイレに起きる
  • いくら眠っても疲れが取れない、頭が重い、熟睡感がない
  • 朝起きた時に頭痛がする
  • 朝起きた時に口や喉がカラカラする
  • 集中力や記憶力が低下してきた
  • 体がだるい、疲れやすい
  • 寝汗をよくかく、寝相が悪い
  • 朝起きた時に胸焼けがする
  • 交通事故、もしくは居眠りにより事故を起こしそうになったことがある

 セルフチェックで気になる症状がある方は、主治医へ相談してみてください。その際に、症状を正しく伝えられるようセルフチェックの内容や点数をメモしておきましょう。

当院の睡眠時無呼吸の検査

 当院では睡眠時無呼吸症候群の検査を行うことができます。検査方法には、簡易検査(アプノモニター)と精密検査(ポリソムノグラフィー)の2種類があります。精密検査は入院が必要とされている場合も多くありますが、当院の精密検査は在宅で行うことができます。
 検査の結果、睡眠時無呼吸症候群であると診断された場合、経鼻的持続陽圧呼吸療法を行うことができます。睡眠中にCPAP(シーパップ)装置を着用し、気道に空気を送ります。装置は保険診療下でレンタルされます。

簡易検査(アプノモニター)

眠る前にセンサーを着用し、呼吸の状態と血中の酸素飽和濃度を測定します。

精密検査(ポリソムノグラフィー)

簡易検査の項目に加え、脳波などにより睡眠の質を測ります。